カテゴリー
初心者さん質問掲示板

すごい初歩的なことですが、SEOの順位を上げる効果的な方法を教えて下さい。

はじめまして。
たぬポンと申します。
サイトアフィリを初めて半年くらい経ちます。
少しづつ成果が出始めましたが、
まだまだ全然なので良ければアドバイスいただけると幸いです。

作成したサイトの順位を上げる方法をよければ教えて頂けるとありがたいです。
実践したこと。
・手持ちSNSからすべてリンクを飛ばしました。(ツイッター、フェイスブック、スー、グーグル+、ミクシィ、ユーチューブ)
・手持ちサイトからリンクを飛ばしました。(アメブロ、化粧品サイトなど)

PCでグーグル検索すると2位に表示されますが、
PCヤフー検索だと6位くらいです。
スマホも同じく、グーグル、ヤフーともに6位くらいです。
出来れば2位に上げたいと思っています。

初めからずうずうしい質問で恐縮ですが、
効果的な方法があればお教えいただけると幸いです。

「すごい初歩的なことですが、SEOの順位を上げる効果的な方法を教えて下さい。」への7件の返信

たぬポン さん

こんにちは。代表をしております岸野と申します。
ご質問いただき、誠にありがとうございます。

状況はなんとなくではありますがある程度把握できますので
お答え致しますが、あくまで一般論として参考までにとどめて
おいてください。また、所有サイトに実際に当てはめる場合は
あくまでも自己責任にてお願い致します。

既に狙ったキーワードで6位ということで、大変すばらしい成果
だと思います。半年での成果としてはすごいです。

また、ヤフーの2位は多分パーソナライズされた順位などクッキー
が絡んでるようですね。正確に順位を見るために私どもが使っている
無料ツールのURLを書いときますね。

http://dw230.net/rank/

こちらのツールですと100位まで順位が一覧で見ることができます。

また、グーグルとヤフーの順位を比較できます。

このツールでも順位が同じにならない場合もあり、そのような
場合はグーグルの変動中や、ヤフーの広告数の違い・グーグルの
公式サイト優遇のための表示数の違いのためのことが多いです。

ただ、そのほかはパソコンのクッキーに全く左右されないため、
GRCのような有料ツールよりも弊社ではルーチンでよく使っています。
(一応GRCも総覧的には使っています。)

さて、6位から2位へのジャンプを狙っているとのことですが、
本来ですとその順位で十分なわけで、ドメイン自体が十分強まったと
考えますので、後は我々ですとテール狙いでガンガン記事更新
していく作業に移っていく場面です。

(もし独自ドメインでなかったらすみません。。)

これでトップページにも良い影響があるはずで、記事が訪問者の
興味をひき、サイト内にトラフィックが満ちてくれば現在のグーグル
では結構簡単に順位アップしていきます。

ただ、テールのページにあてがうキーワードの選考は十分注意
してください。目安は

・決して競合が強くないけれど(=余計なビッグキーワードが混入していない)、売れそうなキーワード
・悩みが深そう

という観点から選びます。

そして、さらに重要な点は、サイト全体を見通して絶対に内容が
かぶっていない、独立した内容のページ群にすることです。

ペースは本当に少しずつで大丈夫です。月1ページでもOK。

逆に薄い内容の記事で増産しないようにしてください。

お恥ずかしい話ですが、うちのサイトも結構このページ量産辺りで
現在でもペナルティーを食らって順位を下げたサイトがたくさん
あります。

なので、ゆっくりと良い記事を増やしてトラフィックが増えていくか
どうかをアクセス解析が入っていたらよく観察しながら記事作成
していってください。ただ、人気のあるページがあったとして、2匹目の
どじょうを狙うごとく、同じキーワードで記事量産してしまったら
完全アウト!です。もし必要ならそのページをさらに磨きをかけるように
内容の修正・追加をしていってください。

これが今現在、一番安全で確実な方法といえます。また、確実に
実入りも多いはずです。

次に外部からの被リンクですが、もし独自ドメインを購入する余裕
があるのであれば、あんまり関係ないのですが一応おおむねPR0~3
辺りのドメインを複数購入し、過去の履歴・内容を確認して問題
なければ同じジャンル・同じキーワード周辺狙い・とてもライバル
が少ない複合キーワード狙いで最低5ページ程度のサイトを作って
アップロードし、やはりアクセス解析を入れてトラフィックを毎日
観察します。(弊社ですと、初めから数十ドメインをそのために
同じタイミングでリリースしておくことが多いです。)

キーワード選定が問題なければほどなくしてある程度のアクセスは
来るはずです。少数でも安定してアクセスがきたら、トップページの
上方に1本だけターゲットサイトへリンクを設置します。(うちの
お約束は1ドメイン1リンクです。もったいないように感じますが
やはり効果は最強だと思います。)

サイドバーやフッターからリンクするのはちょっともったいないので、
できれば記事最初の方に不自然にならないように紹介記事としてリンク
してください。虎の巻でも書きましたが、ここから訪問者がクリック
してメインサイトに流れることが非常に重要です。

単にリンクしても効果がないわけではないのですが、しっかり
トラフィックとして認識されると本当に強いですし、しかもリンクを
貼ったことがペナルティーになる確率が格段に減ります。

また、細心の注意を払うのであれば、リンクを貼る前に、話題にりそうな
記事を意図的に下層ページに作り、自分のツイッターアカウントから
ツイートし、誰かに(有料でも)リツイートを回してもらえばさらに
安心です。リンクが貼られる理由をお膳立てするということですね。

上記ではとりあえず1本のリンクを貼る手順を書きましたが、現在は
リンクを貼ること自体が非常にリスキーになっています。ご自身でよく
検討されて、最良な方法だと感じるものを選択していただきたいです。

被リンクに関してのマル秘的なことも、近く実験結果とともにお知らせ
する予定です。

うちはもちろんホワイト一辺倒の信者などではなく、適正な収入が見込め
るならばどんどん被リンクその他もやってます。

その流れで、少ない本数で安全に、しかし効果が強い方法をお知らせ
したいと思っています。ご期待ください!

一応以上になりますが、内容的に不明な点等ありましたらまたご質問
いただけましたら幸いです。

岸野様

すごく丁寧にありがとうございます。

>>既に狙ったキーワードで6位ということで、大変すばらしい成果
>>だと思います。半年での成果としてはすごいです。

ありがとうございます(^^)
ただ、利益は月に2万~3万円^_^;
先ずは10万円目指して頑張ります。

教えてもらったURLで検索するとグーグル先生に順位が反映されないのですが・・・
何故でしょうか?
やはりヤフーは6位です。。。
ヤフーで順位を上げたいです!

>>(もし独自ドメインでなかったらすみません。。)
独自ドメインでサイトを作っています。
(もともとペット用品で使おうと思っていたURLですが、健康食品に途中で切り替えて使っています^_^;)
>>テール狙いでガンガン記事更新
すいません・・・
このテール狙いでガンガン記事更新ってのはどういうことでしょうか???

>>さらに重要な点は、サイト全体を見通して絶対に内容が
>>かぶっていない、独立した内容のページ群にすることです。
これは完全にオリジナリティがある文面の方がいいということですよね?
ASPの紹介分をジャンジャンコピペするとかじゃなく、
使用した経過レポートとか、成分表とか、口コミ情報とか。

>>なので、ゆっくりと良い記事を増やしてトラフィックが増えていくか
>>どうかをアクセス解析が入っていたらよく観察しながら記事作成
>>していってください。ただ、人気のあるページがあったとして、2匹目の
>>どじょうを狙うごとく、同じキーワードで記事量産してしまったら
>>完全アウト!
すいません。
そもそもアクセス解析だと忍者ツールズでアクセスがあったキーワドをただ調べて、
そのキーワードで成約率を見て、サイトを作るようにしていますが、
もっとこう分析した方がいいとアドバイスがありましたらお願いします。

>> 次に外部からの被リンクですが、もし独自ドメインを購入する余裕
>>があるのであれば、あんまり関係ないのですが一応おおむねPR0~3
>>辺りのドメインを複数購入し、過去の履歴・内容を確認して問題
>>なければ同じジャンル・同じキーワード周辺狙い・とてもライバル
>>が少ない複合キーワード狙いで最低5ページ程度のサイトを作って
>>アップロードし、やはりアクセス解析を入れてトラフィックを毎日
>>観察します。
>> キーワード選定が問題なければほどなくしてある程度のアクセスは
>> 来るはずです。少数でも安定してアクセスがきたら、トップページの
>> 上方に1本だけターゲットサイトへリンクを設置します。(うちの
>>お約束は1ドメイン1リンクです。もったいないように感じますが
>>やはり効果は最強だと思います。)
このジャンルはまだ手を出したことがない部分ですが、
簡単に言うとオールドドメインを何個か購入し、
アクセス解析の下の方のキーワードでサイトを作り、
5ページ追加し、indexページに誘導したいサイトを1つだけリンクを貼る!
ってことでしょうか?
因みにページの文字数は何ページくらいが望ましいでしょうか?

>>また、細心の注意を払うのであれば、リンクを貼る前に、話題にりそうな
>>記事を意図的に下層ページに作り、自分のツイッターアカウントから
>>ツイートし、誰かに(有料でも)リツイートを回してもらえばさらに
>>安心です。リンクが貼られる理由をお膳立てするということですね。
ここが良く分かっていません^_^;
あんまりツイッター使ったことないので、、
具体的にイメージすると。。。
とあるページを自分のツイッターでこれいいよ!みたいな感じでつぶやいて、
それをりついーとしてもらう。。。
その下層ページからindexページに促し、そこからリンク先に飛ばすみたいなイメージです?^_^;

お時間ございましたらアドバイスお願いいたします。

たぬポン さん

詳細を投稿頂き、ありがとうございます。
1つずつご回答致します。

>>ありがとうございます(^^)
>>ただ、利益は月に2万~3万円^_^;
>>先ずは10万円目指して頑張ります。

月に2万~3万円は上出来です。
コツをつかんだらいろんなキーワードで試していくのがいいですね。

ただ、確かにそのレベルのキーワードでしたら1位を狙いたいですね。
6位で2~3万円ですと、1位では10から20万円は堅いでしょうから。

>>教えてもらったURLで検索するとグーグル先生に順位が反映されないのですが・・・
>>何故でしょうか?
>>やはりヤフーは6位です。。。
>>ヤフーで順位を上げたいです!

一応目安として考えてください。
順位がまちまちの場合はスマホとか、他のパソコンで
見たりもしてますが、他のツールよりも確実に現状を
反映していることが多いです。

ヤフーもグーグルも検索結果自体は一緒ですから、グーグルを
上げれば自動的にヤフーも上がります。あまり両方を意識しなくても
大丈夫ですよ。

>>すいません・・・
>>このテール狙いでガンガン記事更新ってのはどういうことでしょうか???

すみません、当然のように略語を使ってしまいました。。

テール狙い=ロングテールに該当するレアキーワードあるいは複合キーワード
のことを概ね指してます。

ロングテールとは、検索数が多いビッグキーワードに対して対照的に使われる
言葉で、検索数が少ない多種多様な大量の関連キーワード群のことです。

もちろん、やみくもにいろんなキーワードで記事作成すればいいという
ものではなく、それらの中から選りすぐった“売れる”可能性の高いもので、
なおかつライバルサイトがあまりいそうもないものを必死で探して、
それらを盛り込んだページをどんどん追加していきます。

本当に希少でまだ他のアフィリエイターが気が付いてないキーワードが
見つかれば、ページタイトルに盛り込んだだけで上位表示しますよ。

ただこれも、たぬポンさんのサイトのようにある一定のキーワード
で上位表示され、グーグルの評価が高まったサイトでないと起きにくい
ものですから、順番が重要と言えます。

>>これは完全にオリジナリティがある文面の方がいいということですよね?
>>ASPの紹介分をジャンジャンコピペするとかじゃなく、

あ、これはそういうことも当然重要で外せないことですが、それに
追加される重要事項で、グーグル的には

「あるドメイン内の記事の中に、同じ内容に関する記事が何回も
出てくる場合、その中で一番評価の高いページ以外は評価の対象に
しない。また、あまりにも過剰に似通ったページが追加される場合、
ドメインの評価を落とす。」

という部分があり、さらに現在では一昔前よりさらにこの傾向に
拍車がかかっています。

ですので、他のサイトとの記事重複は当然NGですし、さらに自分の
サイト内の各ページも他のページと狙っているキーワードや内容が
かぶらないことが非常に重要です。
その上で、よく情報を整理したうえで他のサイトとは切り口を変えた
深い、読み応えのある充実した何かを何とかサイトに付加していって
頂きたい。(言うは易し、行うは難し…すみません、うちでもできていない
事の方が多いですが。)

>>使用した経過レポートとか、成分表とか、口コミ情報とか。

これはグーグルがとても好むタイプの記事ですね。アフィリエイター
ならではのコンテンツですね。

>>すいません。
>>そもそもアクセス解析だと忍者ツールズでアクセスがあったキーワドをただ調べて、
>>そのキーワードで成約率を見て、サイトを作るようにしていますが、
>>もっとこう分析した方がいいとアドバイスがありましたらお願いします

ここら辺は人によって非常に意見が分かれるところで何とも申し上げ
にくいのですが、基本はたぬポンさんのやり方でOKです。ただ、欲を
出して同じキーワード狙いでページを量産だけはしないようにすれば
問題はないでしょう。

また、アクセスが集まっているページはさらに修正・加筆して滞在時間を
伸ばすようにメンテナンスしたり、うまく問題提起して他のキラーコンテンツ
ページ(成約を狙うページ)へ誘導したりするとなおいいです。

滞在時間を延ばすことは現状のSEOではサイト順位や評価の向上に
大きく関係しています。

>>このジャンルはまだ手を出したことがない部分ですが、
>>簡単に言うとオールドドメインを何個か購入し、
>>アクセス解析の下の方のキーワードでサイトを作り、
>>5ページ追加し、indexページに誘導したいサイトを1つだけリンクを貼る!ってことでしょうか?
>>因みにページの文字数は何ページくらいが望ましいでしょうか?

特にアクセス解析から拾ったキーワードでなくともいいです。
ただ、もし儲かりそうなキーワードが不明な場合は上記も有効な手立ての
1つですね。
あまり大きなキーワードでは狙わないことが重要です。なぜなら、
アクセスがすぐには集まらず、評価がなかなか上がらないからです。

また、オールドドメインサイトからメインサイトへ被リンクを送るのは
SEOの基本的作業の1つといってもいいでしょう。
無料ブログやSNSからリンクするのもいいのですが、やはり1発の
パワーが違います。ただ、ドメイン代とサーバー代がかかるため、
できるだけ効果的に使いたいところです。

方法はおおむねたぬポンさんの説明で問題ないですが、ここら辺は
実際にやってみて経験値を上げていかないと難しいかもです。
言葉で説明することが出来ない「勘」のような部分になるのかな?

オールドドメインも本当にピンキリですし。

文字数ですが、1ページ何文字とかはあまり意識していませんが、
しいて言うなら1000文字程度にはなるでしょうね。これも外部からの
被リンク専用サイトという観点からですと最低500文字とか600文字
ということになってしまいがちですが、文字数はあまり意味がなく、
そのページが訪問者にどのように扱われるかという視点が重要で、
客観的に考えて普通の情報サイトのページが1ページ300文字程度で
訪問者の満足を得られることが多いかどうかを基準にして考えてみて
ほしいです。
その観点から、300文字であっても訪問者の意図をくみ取って回答
することが出来ればそれは全く問題なくすぐれたコンテンツと言えます。
10000文字でもツールで作ったような文字列が訪問者に見向きもされない
様相をなんとなくつかめますでしょうか。

>>ここが良く分かっていません^_^;
>>あんまりツイッター使ったことないので、、
>> 具体的にイメージすると。。。
>>とあるページを自分のツイッターでこれいいよ!みたいな感じでつぶやいて、
>>それをりついーとしてもらう。。。
>>その下層ページからindexページに促し、そこからリンク先に飛ばすみたいなイメージです?^_^;

すみません、端折り過ぎました。。

SEOの大部分は現在でもかなり外部からの被リンクに依存しています。
それは、グーグルが今もってサイトの検索結果の順位決めの基準の
中の被リンク部分の配点を大きく落としていないことによります。

しかし、意図的な被リンクはかなり上手に見分けるようにはなってきて
いると感じています。

この部分での我々の対策は、何とかして意図的な外部リンクをナチュラルに
見せかけてグーグルからの評価を得たいということですが、大体ナチュラルな
被リンクって一体どうやってついていくのかということを考えると、
大体が

(良い記事がサイトにアップされる)→(ツイッターやフェイスブックで取り上げ
られる)→(話題になる=リツイートされたりする)→(自分のサイトやブログの
コンテンツとして取り上げればユーザーの興味をそそり、自分の利益になると判断
した人が被リンクとともに紹介記事を書く)

という流れになっていると推測できます。なので、この流れを模倣すると自作自演の
被リンクとしてペナルティーを受けにくいだろう、と考えるわけです。

その一環として、優良な記事が書けたな(というか、紹介されることを
はじめから意図して書いた方がいい)と思ったら、ツイッターでその記事を
面白おかしく取り上げられるようにツイートし、リツイートしてもらう
といいわけです。

ツイッターの被リンク自体は何の効果もないと言われていますが、はなから
それは期待しません。(少しは期待していますが。)とりあえずソーシャルで
今話題になっているぞというサインをネットに流すだけです。

そのあとで(同日でもOK)被リンクを送る、といった具合です。

まあ、上記も被リンクを安全に行う数々の作戦のうちの1つだという
だけです。また、誤解があるといけないので言っておきますが、いつでも
被リンクを送る際にツイッターを回すかというと、そんなにはやってません。

どちらかというと被リンクを貼る速度を極力ゆっくりする、という方で
見つかる確率をできるだけ落とすという方がメインです。

また、これは追加ですが、有名無料ブログを新規で立ち上げ、数記事書いて
そこから被リンクということもよくやられているようですが、作ったばかりの
無料ブログからはうちではほとんどリンクをメインサイトに送ったりは
しません。ある程度運営して油がのったころ(少なくても数か月、1日1記事
程度は更新)にたまにブログからの被リンクが順位アップに貢献しそうな
サイト(=オールドドメインからの被リンクばかりに頼ってしまい、ブログからの
被リンクが不足しているかも?と感じたターゲットサイト)に1本リンクを
送ってみるということはたまにします。

また、追加の追加?ですが、メジャーでない無料ブログ、例えばゴルフが
ターゲットであればゴルフポータルの中で無料で運営されているブログからの
被リンクが非常に有効な場合もあります。難しい場合は同ジャンルでなくとも
いいので、あまりアフィリエイターに荒らされていないマイナーなジャンルの
ブログサービスを探して使ってみてください。たまに恐ろしく効果的なものも
見つかったりします。同じようなネタで、ロリポップのサブドメインのオールド
ドメインも昔からSEOに有効だと言われています。(メインにも被リンクにも
使えます。)
ここら辺はちょっとここでは言いにくいので、ググって見つけ方などを研究
して頂けましたら幸いです。

何かご不明な場合はまた返信してください。

岸野様

すごく丁寧に本当にありがとうございます。

ロングテールはアクセス解析から拾って固めていきます(^^)

<<<本当に希少でまだ他のアフィリエイターが気が付いてないキーワードが
<<<見つかれば、ページタイトルに盛り込んだだけで上位表示しますよ。
ここですよね^_^;
ここを見つけることが至難の業ですが、何かオススメの方法はございますか?

<<<他のサイトとの記事重複は当然NGですし、さらに自分の
<<<サイト内の各ページも他のページと狙っているキーワードや内容が
<<<かぶらないことが非常に重要です。
<<<その上で、よく情報を整理したうえで他のサイトとは切り口を変えた
<<<深い、読み応えのある充実した何かを何とかサイトに付加していって
<<<頂きたい。
なかなか難しいですが、ここをちゃんとできるようになれば、すごく実力のあるサイトアフィリエイターになれますね。継続的に記事を更新したり、うまい人の記事の書き方を盗んだり、サイトの構成、やコンテンツを参考にし、ちゃくちゃくとスキルアップしていきます。

<<<また、アクセスが集まっているページはさらに修正・加筆して滞在時間を
<<<伸ばすようにメンテナンスしたり、うまく問題提起して他のキラーコンテ<<<ンツページ(成約を狙うページ)へ誘導したりするとなおいいです。
畏まりました。季節ものの商品を扱っているで、今年の寿命は短いですが、定期的に更新しつつ、成約につながるページもちょくちょく追加していき、2015年の秋以降にも使えるサイトに仕上げていきます。

<<<滞在時間を延ばすことは現状のSEOではサイト順位や評価の向上に
<<<大きく関係しています。
ここがまだ意識していない点でした。
コンテンツを増やし、目を引くトピックでページを作り、
ランキングなどで商品を見る時間を増やして、
滞在時間を少しでも長くしてもらえるように。
検索してきたキーワードやタイトルとサイト内にイメージのずれがないかを確認しつつ、作っていきます。

<<<あまり大きなキーワードでは狙わないことが重要です。なぜなら、
<<<アクセスがすぐには集まらず、評価がなかなか上がらないからです。
畏まりました。

オールドドメインでサイトを作りある程度しっかりしたコンテンツを数個か乗せ、狙っているサイトにリンクを貼ることも、
もう少し成果が大きそうな商品で勝負が出来る世になった時に、
本腰いれてやってみようと思います。

※オールドドメインの類似サイトから、
一つだけリンクを飛ばしたら、狙っているキーワードが2位に上がりました。
そのおかがで今のところ1日1つは売れています(^^)

<<<その観点から、300文字であっても訪問者の意図をくみ取って回答
<<<することが出来ればそれは全く問題なくすぐれたコンテンツと言えます。
<<<10000文字でもツールで作ったような文字列が訪問者に見向きもされな<<<い様相をなんとなくつかめますでしょうか。
はい。文字ばかりでみにくいし、大したこと書いてなくて、
全然面白くないサイトだったら僕も評価しようと思いませんので^_^;

<<<SEOの大部分は現在でもかなり外部からの被リンクに依存しています。
<<<それは、グーグルが今もってサイトの検索結果の順位決めの基準の
<<<中の被リンク部分の配点を大きく落としていないことによります。

<<<しかし、意図的な被リンクはかなり上手に見分けるようにはなってきて
<<<いると感じています。

<<<この部分での我々の対策は、何とかして意図的な外部リンクをナチュラル<<<に見せかけてグーグルからの評価を得たいということですが、大体ナチュ<<<ラルな被リンクって一体どうやってついていくのかということを考える<<<<と、大体が(良い記事がサイトにアップされる)→(ツイッターやフェイ<<<スブックで取り上げられる)→(話題になる=リツイートされたりする)<<<→(自分のサイトやブログのコンテンツとして取り上げればユーザーの興<<<味をそそり、自分の利益になると判断した人が被リンクとともに紹介記事<<<を書く)という流れになっていると推測できます。
なるほど!やはりクチコミの力は計り知れないですね^_^;
因みに有料でリツイーとしてくれたり、いいね!してくれるサービスはあるんでしょうか?

<<<ツイッターでその記事を面白おかしく取り上げられるようにツイートし、<<<リツイートしてもらうといいわけです。
きました。おもしろおかしく。。。ここが難しいえですね^_^;
参考になるものがあれば教えていただけると幸いです。

<<<どちらかというと被リンクを貼る速度を極力ゆっくりする、という方で
<<<見つかる確率をできるだけ落とすという方がメインです。
すこしづつ伸びていくのが一番なわけですね。

<<<無料で運営されているブログからの被リンクが非常に有効な場合もありま<<<す。難しい場合は同ジャンルでなくともいいので、あまりアフィリエイタ<<<ーに荒らされていないマイナーなジャンルのブログサービスを探して使っ<<<てみてください。
ありがとうございます。これはかなり面白ろそうなので、是非やってみます!!!

たぬポン

岸野です。

>>本当に希少でまだ他のアフィリエイターが気が付いてないキーワードが
>>見つかれば、ページタイトルに盛り込んだだけで上位表示しますよ。

>ここですよね^_^;
>ここを見つけることが至難の業ですが、何かオススメの方法はございますか?

ここは具体的には何でもアリっていえばアリなんですが、まず基本は
ヤフーのキーワードアドバイスツール、これは外せません。

うちではヤフーPPC(ヤフーリスティング広告、正確にはヤフープロモーション広告
といいます)にもかなり出稿していますので、そのシステム付属のツールで
ヤフーの検索状況がしっかりわかるこのツールは絶対欠かせません。もちろん
SEOでも必須です。

使い方は近いうちに動画でアップする予定です。これは本当に毎日めちゃくちゃ
使っています。使いすぎると一定時間使えなくなってしまうので、複数アカウント
取って複数のパソコンでかわるがわる使ってしのいでみたりしてます。

次に、ライバルサイトで質の高いものをいくつか選んで徹底的にキーワードを
書き出し、そのキーワードで検索して調べたついでに関連キーワードも抜き出して
来ます。また、それらのキーワードもとりあえずヤフーのキーワードアドバイス
ツールに一応入れてみて使えそうなキーワードがないかくまなチェックして
いきます。

また、アフィリエイトをしている広告主のサイトのチェックは当然しますし、
その広告主と競合する販売サイトもできるだけ多くチェックして、キーワードは
もちろん、アフィリエイトする広告主の競合他社と比較された時の強み・独自性
のある部分や、比較サイトであれば同時に弱みも徹底的に見て考えます。

結構ここまでで頭がぐちゃぐちゃになりそうになりますが、その過程で本当に
レアな手つかずのキーワードが何個も発見できます。

裾野の広いジャンルやキーワードに入る場合は関連雑誌や書籍も山のように
買ってきます。例えば、最近では旅行案件などのサイトを計画中ですが、
日本や世界の地域別見どころなんてそれこそ無限にあるのです。その中でも
重要になってくるのが“ほとんど知られていないけど知っている人の間では
かなり有名”な場所やスポット・そこに関連する食べ物やイベント情報なんか
だったりします。地元の人しか知らないとかもあるでしょう。

頭で考えてもわかるはずないので、検索で調べもしますが
短時間で大量に見つけるためにはやはり関連の雑誌ですね。
気合がのった時には本当に山のように買い込んでみんなで手分けして
チェックしていきます。

また、女性ジャンルなら女性に、男性ジャンルなら男性に、人伝で、
しかもその道やジャンルに詳しい(できればマニアレベルの方)から情報を
もらうべく、取材のような感じで出かけて行って聞いてきたりもします。

本当に素人ではわからない、しかも今が旬の貴重な情報も手に入ります。

作業をしていない時でも、ふっと頭によぎったキーワードやアイデアは絶対に
逃さないように、いつもメモ書きは手放しません。鉛筆が収納できてお尻ポケット
に入るサイズの手帳を持ち歩いています。

目に留まった気になるキーワードも書き込めますし。電車などでの他人の会話
にも聞き耳を立てていたりします。
(※ズボンのポケットに入れたまま妻が洗濯してしまって何度か夫婦喧嘩に
なってしまいました。。お気を付け下さい!)

まあ、全ての案件でこれを全力でやるわけではないですが、やればやっただけ
サイトの厚みが増します。

ただ、当然誰でも思いつくキーワードは検索数も多く、ねらい目で稼げる
可能性も高いのでメインで盛り込みますが(初期の段階ではこれがメインです)
そのあとの段階でこれらの過程で見つかったキーワードを整理し、どういう
感じでサイトに反映していくか構成を考えます。

とにかく「調べて深堀する」「人に聞く」ですね。これで絶対に見つかります。

※グーグルのキーワードプランナーもあるのですが、慣れているヤフーの方
で十分かな?と思っているので使っていません。
他にも優秀なツールがたくさんありますが、好みもあってこれがベストとは
言いにくいものですので、ここでは割愛させていただきます。
(関連検索・関連キーワード・ツール等のキーワードを絡めて検索すると
たくさん見つかります。)

>※オールドドメインの類似サイトから、
>一つだけリンクを飛ばしたら、狙っているキーワードが2位に上がりました。
>そのおかがで今のところ1日1つは売れています(^^)

おめでとうございます!あとはテールを延ばすことと、同じキーワードで
違った切り口のサイトをできれば2つか3つ、10位以内に押し込んで
いきましょう!違った切り口の方が上位表示しやすいですし、検索ユーザー
の取りこぼし防止にもなりますし。

>因みに有料でリツイーとしてくれたり、いいね!してくれるサービスはあるんでしょうか?

ありますが、ここで言及してしまうと販売者様に迷惑がかかってしまうので、
検索で見つけてみてください。「リツイート販売」「リツイート 有料」
「リツイート 拡散」とか、いろんなキーワードで検索して拾っていって
下さい。できるだけ分散するように、いろんなサービスを囲っておくのが
グーグルに怪しまれないコツです。ヤフオクとかお仕事サイトのポータルとか
で検索すると出てくる場合もあります。

>きました。おもしろおかしく。。。ここが難しいえですね^_^;
>参考になるものがあれば教えていただけると幸いです。

ツイッターでリツイートが多いツイートの中で、自分の関連ジャンルの
ツイートをたどって、その先のブログなどで全部読みたくなるような
ものがもちろん参考になります。具体例はここではちょっと申し上げることは
ひかえさせて頂きます。(脳トレが重要!)

>すこしづつ伸びていくのが一番なわけですね。

一番というわけではないですが、今はリスクが少ない、ということです。

費用対効果を考え、短期勝負の戦略で計画を立てる場合はペナルティー
覚悟で大量リンクを実施することもあります。ただ、今は分が悪いので
控えている、といった感じです。

グーグルはどんどん変わっていきますから、やはりその辺は場数を踏んで
感性を磨いていっていただきたい。

SEOは、ほんとアイデア勝負です。塾とか情報商材などで推奨されている
方法も一時期は使えるでしょうが、多くの人が実施するようになると必ず
対策されて使えなくなっていきます。それよりも、自分で考えたアイデアを
趣味のように手持ちのサイトにやってみて効果が出るか楽しみながらやって
いく、というのがベターでしょう。誰も知られていない手法ならずっと長持ち
しますね。

(かなり以前、今井佳宏さんの「フラクタル・アフィリ」という商材を購入
して、グーグルに悟られない自作自演の被リンクの構造をみて非常に
感銘を受けた覚えがあります。今現在使えるかどうかといわれると
正直?ですが、ここまで徹底する必要があるのか!と唸らされました。
現在も販売はされているようですが、フラクタル・アフィリ以外の部分は
自動ツールで手抜きしようというものですので、正直おすすめできない
ものですが、フラクタル・アフィリ単独であれば刺激を受けるために購入
されるのはアリかもしれません。ただ、内容的には非常に多くの被リンク
群を構築し、最終的なビッグキーワード狙いのメインサイトを押し上げて
いくというやり方ですので、最近の「まずコンテンツありき」という時代には
費用対効果として厳しいかもしれません。目視で飛ばされた時は一瞬で
水の泡ですから。)

1ドメイン1リンクとかも、私がやり始めた7~8年前?あたりでは誰も
やっていなかったっと記憶しています。お金がかかりますし。分かっては
いても5本程度は貼っちゃうんですよね、人間って弱いから。

確かに1本だけにすれば強いかもしれない、でもよく考えれば、費用対
効果の面でそこまでやる必要があるのだろうか?4~5本貼ってもさほど違いは
無いのではないか?と普通は勝手に解釈してほとんどはやらない決断をして
しまうと思います。ここで、「でも、やってみなけりゃ始まらない!」
っていってやっちゃう、って人が結局生き残るわけです。

理性的思考はいつの時代でも負け組に入ってしまいます。できればうちの
テンプレートが縁でこちらを見てくださっている方々にはその「大衆の呪縛」
にとらわれてほしくないので、できるだけへんてこなSEOを実験結果とともに
ご紹介していきたいと思います。(実験中ですが、失敗も多いと思います。
失敗でも成功でも面白いので動画等で少しずつではありますがシェアしています。)

最後ですが、明日弊社に中嶋茂夫さんがいらっしゃるので、音声録音しようと
思います。

その際に、先日お試しで購入しました「キーワードスカウターS」について
お聞きしながら進めていきたいと思っています。
※キーワードスカウターSってどこで売っているのですか?という問い合わせが
何件か来てましたので、サイトトップにバナーを貼っておきます。
(5,378円です。結構安かった!)

今後、話題として取り上げた商品やサービス等はサイトトップ左に順不同で
掲載していきますのでよろしくお願いいたします。

とりあえず以上です。

岸野

岸野様

毎度ご丁寧ありがとうございます!

<<<ヤフーのキーワードアドバイスツール、これは外せません。
<<<うちではヤフーPPC(ヤフーリスティング広告、正確にはヤフープロモー<<<ション広告といいます)にもかなり出稿していますので、そのシステム付<<<属のツールでヤフーの検索状況がしっかりわかるこのツールは絶対欠かせ<<<ません。もちろんSEOでも必須です。
PPCは使用しています(^^)
そして・・・今回購入させて頂いたWPランキングで検索ワードなど解析するためのオススメのプラグインはありますか?
忍者ツールズの設置がうまくいきません^_^;

<<<使い方は近いうちに動画でアップする予定です。これは本当に毎日めちゃ<<くちゃ使っています。使いすぎると一定時間使えなくなってしまうので、複<<<数アカウント取って複数のパソコンでかわるがわる使ってしのいでみたり<<<してます。
楽しみにしてます。
この使い方はPPCのE-ラーニングページにあるような方法ですか?

<<<次に、ライバルサイトで質の高いものをいくつか選んで徹底的にキーワー<<<ドを書き出し、そのキーワードで検索して調べたついでに関連キーワード<<<も抜き出して来ます。また、それらのキーワードもとりあえずヤフーのキ<<<ーワードアドバイスツールに一応入れてみて使えそうなキーワードがない<<<かくまなチェックしていきます。
なるほど!これは真似させて頂きます!
相手のサイトの狙っているであろうキーワードを全て抜き出す。
因みに。キーワードアドバイスツールで探ることは「アクセス数?」ですか?
質問が幼稚ですいません^_^;

<<<結構ここまでで頭がぐちゃぐちゃになりそうになりますが、その過程で本<<<当にレアな手つかずのキーワードが何個も発見できます。
なるほど!そこまでするからこそ穴場を見つけられるんですね☆
宝探しの様でわくわくします^_^

<<<裾野の広いジャンルやキーワードに入る場合は関連雑誌や書籍も山のよう<<<に買ってきます。例えば、最近では旅行案件などのサイトを計画中です<<<<が、日本や世界の地域別見どころなんてそれこそ無限にあるのです。その<<<中でも重要になってくるのが“ほとんど知られていないけど知っている人<<<の間ではかなり有名”な場所やスポット・そこに関連する食べ物やイベン<<<ト情報なんかだったりします。地元の人しか知らないとかもあるでしょ<<<<う。
なるほど・・・
その筋のプロやマニアが知りうる情報を集めてキーワードを抜き出すみたいなことですね。専門誌を購入すると面白そうだと思うので、自分は美容。健康食品をいま扱っているのですがオススメの雑誌はありますか?

<<<また、女性ジャンルなら女性に、男性ジャンルなら男性に、人伝で、
<<<しかもその道やジャンルに詳しい(できればマニアレベルの方)から情報<<<をもらうべく、取材のような感じで出かけて行って聞いてきたりもしま<<<<す。
<<<本当に素人ではわからない、しかも今が旬の貴重な情報も手に入ります。
これはもっと積極的にします!
知り合いの美容院さん。エステシャンの方と食事してお話を聞いていきます(
デートも兼ねて (笑))

<<<作業をしていない時でも、ふっと頭によぎったキーワードやアイデアは絶<<<対に逃さないように、いつもメモ書きは手放しません。鉛筆が収納できて<<<お尻ポケットに入るサイズの手帳を持ち歩いています。
<<<目に留まった気になるキーワードも書き込めますし。電車などでの他人の<<<会話にも聞き耳を立てていたりします。
<<<(※ズボンのポケットに入れたまま妻が洗濯してしまって何度か夫婦喧嘩<<<になってしまいました。。お気を付け下さい!)
喧嘩は大変ですね (笑)気を付けます!
これは普段なるべくしています!気付いたことは家のメールに飛ばしています。
これでPPCしたらヒットした案件はありました!
(広告費ととんとんでしたが・・・ただ、今年の秋、冬はこのデータをもとに狙います (笑))

<<<とにかく「調べて深堀する」「人に聞く」ですね。これで絶対に見つかり<<<ます。
畏まりました!頑張ります!

<<<おめでとうございます!あとはテールを延ばすことと、同じキーワードで
<<<違った切り口のサイトをできれば2つか3つ、10位以内に押し込んで
<<<いきましょう!違った切り口の方が上位表示しやすいですし、検索ユーザ<<<ーの取りこぼし防止にもなりますし。
畏まりました!

<<<ツイッターでリツイートが多いツイートの中で、自分の関連ジャンルの
<<<ツイートをたどって、その先のブログなどで全部読みたくなるような
<<<ものがもちろん参考になります。具体例はここではちょっと申し上げるこ<<<とはひかえさせて頂きます。(脳トレが重要!)
了解しました。通勤中にでもなるべくみて学ぼうと思います

<<<費用対効果を考え、短期勝負の戦略で計画を立てる場合はペナルティー
<<<覚悟で大量リンクを実施することもあります。ただ、今は分が悪いので
<<<控えている、といった感じです。
<<<グーグルはどんどん変わっていきますから、やはりその辺は場数を踏んで
<<<感性を磨いていっていただきたい。
<<<SEOは、ほんとアイデア勝負です。塾とか情報商材などで推奨されてい<<<る方法も一時期は使えるでしょうが、多くの人が実施するようになると必<<<ず対策されて使えなくなっていきます。それよりも、自分で考えたアイデ<<<アを趣味のように手持ちのサイトにやってみて効果が出るか楽しみながら<<<やっていく、というのがベターでしょう。誰も知られていない手法ならず<<<っと長持ちしますね。
経験値ため。アイディア勝負☆頑張ります!

<<<1ドメイン1リンクとかも、私がやり始めた7~8年前?あたりでは誰も
<<<やっていなかったっと記憶しています。お金がかかりますし。分かっては<<<いても5本程度は貼っちゃうんですよね、人間って弱いから。
<<<確かに1本だけにすれば強いかもしれない、でもよく考えれば、費用対
<<<効果の面でそこまでやる必要があるのだろうか?4~5本貼ってもさほど<<<違いは無いのではないか?と普通は勝手に解釈してほとんどはやらない決<<<断をしてしまうと思います。ここで、「でも、やってみなけりゃ始まらな<<<い!」っていってやっちゃう、って人が結局生き残るわけです。
<<<理性的思考はいつの時代でも負け組に入ってしまいます。できればうちの
<<<テンプレートが縁でこちらを見てくださっている方々にはその「大衆の呪<<<縛」にとらわれてほしくないので、できるだけへんてこなSEOを実験結<<<果とともにご紹介していきたいと思います。(実験中ですが、失敗も多い<<<と思います。失敗でも成功でも面白いので動画等で少しずつではあります<<<がシェアしています。)
ありがとうごいます!
どんどん実験して、どんどん進んで行きます!

たぬぽん

たぬポン さん

岸野です。

>>そして・・・今回購入させて頂いたWPランキングで検索ワードなど解析するための>>オススメのプラグインはありますか?
>> 忍者ツールズの設置がうまくいきません^_^;

弊社では現状、ワードプレス内で測定可能なプラグインは使用しておりませんので、
こちらはお勧めさせていただくことは難しいです。
やはり有料のものがベターだと思います。
頻繁に使っているのはリサーチアルチザンプロです。PPCでのコンバージョン
測定でも大変重宝しています。月額500円程度だったかな?

一応、1ドメインにつき1つの契約が推奨ですが、複数ドメインでも
特に問題なく解析可能です。ただ、調査は若干面倒にはなりますが。

秒単位でクリック時間が出てきますので、そちらのクリックされた
ユーザーのサイト内変遷と外部に出て行った際に押したアフィリリンク
、それと最初にサイトへ訪れたキーワードが紐づけされるので
コンバージョンキーワードがはっきりわかります。

サテライトサイトはサーバー設置型のインフォトップで売っている
グループアナライズ?で数百サイトをざっくり見ています。

しっかり解析するのであればやはりグーグルのアナリティクスがベスト
ですが、グレーな手法のサイトには使えませんので、妥協して
アクセスアナライザーや、個別にfutomi.comのCGIなどを購入したり
してますね。使い方に関しては弊社のサービスではありませんので、設置に
関するサポートはサービス提供側にご相談ください。

>>この使い方はPPCのE-ラーニングページにあるような方法ですか?

使い方というか、アイデアですね。みなさん独自のやり方をお持ちでしょう
から、あまり「こう使います」とかは言えないのですが、まあ、暇さえあ
れば回してみて、おッ!と思ったものを案件にマッチさせられるか考えて
みる、の繰り返しです。その際に、PPCでも回せるかどうか、ライバルが
少ない場合は1日かあるいは半日でもペラでPPCを回してみて成約するかど
うか、インプレッションがとれるキーワードかどうか試したりもします。

一応、直近の中嶋茂夫さんとの音声の中で、”サブキーワードの方を入れて
回してみる”というのが今回言いたかった使い方の1つです。

「1人ぼっち」という言葉がありますが、クリスマスを1人でやることを
クリぼっちとかいうそうです。わかりませんが・・・
「ぼっち」でキーワードアドバイスツールを回すと
「クリぼっち」が月間検索数7600回と多く、まあ、これが何に使えるかは
正直?ですが、そういうふうにして見つかったものから使えるかどうか
検討するという作業をすると競合がいないところで毎月安定して成約が
取れる保有キーワードが増えていきます。

>>因みに。キーワードアドバイスツールで探ることは「アクセス数?」ですか?
>> 質問が幼稚ですいません^_^;

まあ、アクセス数と言えばアクセス数ですが、正確にはそのキーワードを
ヤフーの検索欄に打ち込んでヤフーの検索結果を表示したユーザー数のことで、
同じ人が何回も表示したものが含まれているかどうかは良くわかりませんが、
まあ、そのキーワードの需要が多いか少ないかの指標にはなります。
ざっくりというと、月間検索数が多く、ライバルが少ないキーワードを
探しているわけですが、少なすぎても意味ないし、逆に多すぎるとライバル
だらけだし,検索数が多くても全く何にも売れないキーワードもありますし。。
そのバランスですね。(月間検索数と成約の関係はキーワードによって
全く異なるため、経験として同じジャンルに長いこと入っているとその
関連が何となくわかってきます。私も入ったことのないジャンルではほとんど
わかりません。)

もちろん、中上級者はライバルだらけのキーワードでも入っていきますが、
それはそこそこ稼げるようになってお金も時間もかけられるようになった
段階で考えればいいことです。どうしたって被リンクサイトを数十個程度は
必要になってきますし、そういうセットをさらに数十個といったレベルでは
記事を書くのも自分だけではできないために必ず外注をすることになって
いきますから。

>>その筋のプロやマニアが知りうる情報を集めてキーワードを抜き出すみたいなことで>>すね。専門誌を購入すると面白そうだと思うので、自分は美容。健康食品をいま扱っ>>ているのですがオススメの雑誌はありますか?

いや、その時々でキーワードは変わりますし、特にこれ!といっておすすめできる
というものは持っていません。実際に自分で書店に行って、多くのキーワードが
抜き出せそうだなあ、と思った際には数冊買ってみる、という感じです。また、
時間がたつと使われている言葉がコロコロ変わってしまうので、必ず最新版を
買って抜き出すということは心がけています。

一応、以上になります。

岸野

コメントを残す