見出しを入れてみる

目次

次に見出しを入れてみましょう。H1~H3は専用のCSSが割り当てられているので注意が必要です。

動画解説


現在準備中

1.見出しについて

見出しとは、H1~H6まであるコンテンツの文章の見出し(章題)を記述する部分です。エッジプラス1 Ver2のE003タイプでは「HTML」もしくは「テキスト」コンテンツにて指定する事が可能です。

H1 ページの最上部に入る説明文のような部分の見出しです。こちらも管理画面内で内容の変更が可能です。(既存テンプレートを利用される場合)また、独自にH1タグを入れたい場合はHTML・テキストコンテンツの項目を利用して[dslc_custom_field id=”h1タグ”]というコードで呼び出しが出来ますので、ご自由にご利用頂く事も可能です。
※WordPressの仕様上コピー&ペーストを行うと【”】が全角になってしまいます。半角に変更した上でご利用下さい。
H2 ノーマル・シンプル・リボンなど管理画面内で選択出来る装飾の項目です。
H3 ※1 薄めの背景色が入った見出しです。

※1上記の見出しはシステム内で設定がされていますので、ご自身でカスタマイズしたい見出しを利用される場合はH3もしくはH4以降をご利用下さい。

※クリックすると画像が大きくなります。

2.H2 見出しの種類

n01

※クリックすると画像が大きくなります。

見出しの種類はLP作成の編集ページよりラジオボタンで変更可能です。

■ノーマル
r01

■シンプル
r02
■リボン
r03
※クリックすると画像が大きくなります。

3.見出しを入れてみる

n02

※クリックすると画像が大きくなります。

HTMLでタグを直接入力する方法もありますが、ビジュアルエディタを利用すれば簡単に変更が出来るので今回は「テキスト」コンテンツを設置したモジュールにドラック&ドロップします。

n03

※クリックすると画像が大きくなります。

マウスのカーソルを「テキスト」コンテンツを入れたモジュールに合わせると、【コンテンツを編集】というメニューが出現しますので、クリックします。

n04

※クリックすると画像が大きくなります。

すると、ビジュアルエディタた立ち上がりますので、まず見出し用のテキストを入力します。その後、入力したテキストを全選択して画面左上の「段落」→「見出し2」に変更した上で【決定】ボタンをクリックします。

n05

※クリックすると画像が大きくなります。

これで、見出しが入りましたね。【変更を公開】を押して、編集を完了させて下さい。

【リボン見出しの注意】‥‥リボン見出しの場合は、リボンの締りと外枠が合わない場合があります。その時は【設定ボタン】→【スタイリング】→【水平の余白(Paddding)】のスライダーを調整して変更を行って下さい。

 

コメントを残す