内容ファイルの説明・必要ソフトの紹介

目次

動画解説

1.必要ソフト・対応状況の紹介

メモ帳 パソコンに元々入っている、テキスト編集用のソフトです。このソフトで編集する事も出来ますが、下記TeraPadの利用をオススメします。
TeraPad  基本的な様々なソースコード等を編集出来る万能テキストエディタです。HTMLファイルの編集はこちらのご利用をオススメします。
DreamWeaver Adobe社製のプロフェッショナル向けホームページ編集ソフトです。(上級者向け)
ホームページ・ビルダー 動作確認は取れていませんが、一般的なホームページ編集ソフトです。(中級者向け)

※赤文字のソフトは最低限編集に必要なソフトです。それ以外は、ホームページ作成でよく使われているソフトの対応状況ご紹介します。

2.内容ファイルのご説明

s1
※クリックすると画像が大きくなります。

ダウンロードしたファイルを開くと、5つのフォルダが出てきます。左から順にご説明致します。
E001-HTML…テンプレートのHTML版ファイルデータです。フォルダ内にカラー別にHTMLデータが入っています。
E001-WP…テンプレートのWP版ファイルデータです。FTPアップロード用のフォルダと、管理画面からファイルをアップロード出来る圧縮ファイルの2点が入っています。
E001-サイドバナーアイコン…HTML版・WP版共通のサイドバナーのアイコンデータが入っています。サイドバナーを作る場合はこちらのアイコンをご利用下さい。
E001-ヘッダー画像データ…HTML版・WP版共通のヘッダー画像のサンプルデータと編集用のデータが数パターン入っています。そのまま使えるデータもありますので、画像編集が面倒な方はそのままお使い下さい。
E001-ロゴタイトル…HTML版・WP版共通のロゴ画像のサンプルデータと編集用のデータが入っています。そのまま使えるデータもありますので、画像編集が面倒な方はそのままお使い下さい。

※今回はHTML版の内容ファイル説明となりますので、「E001-HTML」フォルダをダブルクリックして開きます。

s2
※クリックすると画像が大きくなります。

各カラーのHTMLファイルの入っているフォルダが表示されます。編集したいカラーのファイルを選択してダブルクリックします。
※今回は例としてライトブルーを選択しました。

s3
※クリックすると画像が大きくなります。

【各HTMLファイルの用途説明】

index.html トップページのHTMLデータです。ランキングなどもこのページで編集可能です。
company.html 会社概要などの情報を入力するのにお使い頂けるファイルです。
page.html テキストだけを入力する事ができるシンプルなベーステンプレートです。
sitemap.html テーブルが挿入されている、サイトマップ向けのテンプレートです。テーブルを利用して一覧などのページを作りたい場合などもベースとしてご利用頂けます。
syousai.html アフィリエイト案件の詳細情報を編集する為のベーステンプレートです。申し込みボタンなどが適切に配置されています。
word.html 用語集などのページのベーステンプレートです。見出し→コンテンツの繰り返しですので、様々な用途にご利用頂けます。
フォルダを開くと上記のような画像が表示されます。編集が必要なファイルは「html」ファイル。
画像を変更したい場合は、「images」フォルダ内のファイルを変更します。
それ以外のファイルは「CSS」や「Javascript」ファイルとなりますので、編集の仕方などがわかる方以外は編集しないようにしましょう。
試しに「images」フォルダを開いてみましょう。

s4
※クリックすると画像が大きくなります。

後にご説明致しますが、画像ファイルで編集や置き換えが必要なのは3ファイルだけです。
①heads.png…ヘッダー画像のファイルです。
②rogo.png…ロゴ画像のファイルです。
③baner[1~3]…サイドバナーの画像ファイルです。
以上がHTML版のファイル内容のご紹介でした。

 

コメントを残す