ヘッダー画像の変更

目次

動画解説

1.ヘッダー画像ファイルの確認

maptype_15

上記で赤で囲まれている画像(ヘッダー画像)は、デフォルトでは「header.png」というファイルが使われています。

maptype_14
※クリックすると画像が大きくなります。

2.ヘッダーの指定されているファイルとソースコード

ヘッダー画像を表示させるソースコードは「header.php」というファイルの中に記述されています。

maptype_17
※クリックすると画像が大きくなります。

「header.php」をテキストエディタで開いてみましょう。
header.phpファイルの28行目当たりがヘッダー画像を指定しているソースコードです。

maptype_16

ヘッダー画像は、横幅960px・縦365pxで指定しています。

3.ヘッダー画像ファイルの修正

新しくヘッダー画像を作って元画像に「header.png」というファイル名で上書き保存をすればサイトのヘッダー画像が変更されます。

maptype_18
※クリックすると画像が大きくなります。

元の画像は必ず別名でバックアップをとっておきましょう。上書き保存をしてしまった後は元に戻せなくなってしまいます。

4.「header.png」以外のファイル名で画像を指定する時は

「header.png」ではなく「header.jpg」などの別の種類のファイルをヘッダーに指定するときは、
header.phpファイルの中のコードを書き換えて、アップロードしてください。

maptype_19
※クリックすると画像が大きくなります。

maptype_20
※クリックすると画像が大きくなります。

「png」「jpg」などの拡張子だけでなく、ファイル名も変更した際にはheader.phpの中のコードを書き換えましょう。
(例)「head_img.jpg」という画像ファイルをヘッダーに指定するときは、下記のようにコードを書き換えます。

5.ファイルを保存する

ファイルの編集が終わったら、ファイルを上書き保存します。エディタの「メニュー」→「ファイル」から「上書き保存」を選択して保存します。

maptype_21
※クリックすると画像が大きくなります。

ファイル名を変更せず、上書き保存をしてください。

コメントを残す