重要:WordPress5.0にアップデートご予定の方へ

平素は弊社商品でありますエッジプラス1のご利用誠にありがとうございます。

キックザエッジサポートチームです。

 

さて、この度WordPressのメジャーアップデートとなるWordPress5.0が配信されました。

セキュリティの更新をはじめ、投稿画面が変更された(エディターがGutenbergに変更)というのが大きな変更点となります。

 

弊社取扱のエッジプラス1(バージョンE001~E005)におきまして、更新後にチェックを行いましたが、現時点では致命的な不具合の発生は確認できませんでした。

 

しかしながらこのGutenbergというエディターを使うことで、ご自身で設定されたdivタグが無くなったりする可能性があるようです。

その他大きな影響もある可能性があることからエッジプラス1をご使用のユーザー様につきまして、現状はClassic Editorのご利用を推奨致します。

 

Classic Editorは従来のエディターを再現するプラグインで、WordPressの公式のものとして配布されています。

そちらをインストールして頂きますと以前のエディターと同じ感覚でお使い頂けると思います。

 

※1.Classic EditorでもTinyMCE Advancedは使用できるようです。

※2.Classic Editor公式アナウンスでサポート期間は2021年までとなります。

※3.E003をお使いのユーザー様に関しては、新エディターを使うことによってLive Composer等の一部のプラグインが使えなくなります。

 

その場合はClassic Editorを導入すると以前の様に使用することが可能です。

セキュリティの観点からもWordPressのバージョンは最新に保つ事を推奨致します。

しかしメジャーアップデート直後の更新が不安という方は、WordPress5.0.1が近日リリース予定になっておりますので、そこまで様子を見て頂くほうがよいかと思われます。

 

もしメジャーアップデートをする際には、DuplicatorやAll-in-One WP Migration等のプラグインを使いバックアップをするようにして下さい。

 

エッジプラス1をご利用の皆様には、大変ご不便をおかけ致します。不具合の報告等は随時更新させて頂きますので、よろしくお願い致します。

コメントを残す