プラグインをアンインストールしたが、うまくアンインストールできない

wordpressのプラグインは数多くリリースされていますが、
「うまく動かない・・・」「不具合が起きるようになった・・・」といった事は、
どんなテーマにも良くあることです。

そんな時にプラグインのアンインストールを行いますが、
アンインストールしてもうまくプラグインデータが削除できない事があります。

ほとんどの場合は、プラグインの「停止」→「削除」で
プラグインのアンインストールが出来、プラグインのよる不具合も解消されます。

ですが、アンインストールを行っても、
データベースに書き込まれたプラグインの設定情報が消えないことがあります。
この場合はプラグインの不具合かレンタルサーバーとプラグインの相性が原因です。

※ 大抵の場合は、プラグインのアンインストールを行えば設定が削除されます。
もしくは、設定情報が残っていてもサイトに悪影響がない場合も多い(この場合は問題ない)

「確実にプラグインのせいで悪影響がでてるのに、うまくアンインストールできない!」
といった時には、データベースの中の設定情報を手動で削除するしかありません。

プラグインの設定情報は、データベースの「wp_options」というところに書き込まれています。
(※ サーバーによっては、_(アンダーバー)の部分が数字の文字列になってるサーバーもあります)

ですが、データベースはかなり複雑です。
ややこしいので、知識がない方が入っていじるのはおすすめできません。
レンタルサーバー側もデータベースのサポートは行っていないところがほとんどではないでしょうか?

弊社でもデータベースのサポートはできませんのでご了承ください。。

こういった場合は、
● プラグイン制作者に問い合わせてみる
● ダメもとでレンタルサーバーにサポートをお願いする
● データベースに詳しい人に協力してもらう

といった感じになります。

コメントを残す