カテゴリー
エッジプラス1テンプレートの質問

Ver2 E003「同一ページ量産の設定」の使い方について

お世話になります。

「同一ページ量産の設定」の使い方についていろいろと疑問が出てきたので、まとめてお尋ねします。

(1)【Title】【Keyword】の統一化部分のカスタム項目呼び出し数について

カスタム項目は項目1~項目5の5項目ありますが、【Title】【Keyword】の統一化部分のカスタム項目呼び出し数は
4つしかありません。
5つ設定することは前提にしていない、ということでしょうか。

(2)【Title】の統一化部分のカスタム項目呼び出しの配置について

カスタム項目4つが隙間なく並んでいますが、キーワードと違ってタイトルはカスタム項目4つの間に文字が入れられないと
文章として不自然になることが少なくないと思います。
“PPCだからサイトタイトルなんて気にしない”と言ってしまえばそれまでですが、ここはぜひ柔軟性を持たせて
いただきたいです。

ちなみに、カスタム項目呼び出し部分の前後の入力欄は、何も入力しなくても問題はありませんか?

(3)1商品 or サービスを複数の切り口から紹介する場合の【Title】【Keyword】の統一化について

たとえば、車の買取サービスを紹介したいとして、

切り口1:車名等を切り口にサイトを量産
切り口2:地域名を切り口にサイトを量産
切り口2:車名等にさらに地域名を加えた切り口でサイトを量産

という3つの切り口でサイトを多数作成する場合で、カスタム項目に以下のキーワードをそれぞれ設定したいとします。

■項目1:車名(プリウス、マーチ、フィットなど)
■項目2:メーカー名(トヨタ、日産、ホンダなど)
■項目3:車種(セダン、クーペ、ワンボックスなど)
■項目4:アクション(買取、査定、売却など)
■項目5:都道府県名

これを、切り口によって

(a)項目1(車名)+項目3(アクション)
(b)項目2(メーカー名)+項目3(アクション)
(c)項目3(車種)+項目3(アクション)
(d)項目3(車種)+項目3(アクション)+項目4(都道府県名)
(e)項目1(車名)+項目3(アクション)+項目4(都道府県名)
(f)項目2(メーカー名)+項目3(アクション)+項目4(都道府県名)

というように使い分けるのは、可能でしょうか。
【Title】【Keyword】の設定を複数できるのであれば可能かと思いますが、管理画面を見るかぎり1通りだけなので
不可能に思えてしまいます。

CSVで調整可能かと思いましたが、“CSV内のこの行のデータでは項目2,項目3、項目5は空欄(or 反映させない)”
といった指定が可能なのかがよくわかりません。

いっそのこと【Title】【Keyword】の設定に関しては「変更しない」としてしまえばいいのかもしれませんが、
こうなるとLP1ページごとにタイトルやキーワードの設定を管理画面から手動でしなければならず、作業があまりにも
煩雑で現実的ではありません。
だからといって切り口ことにドメインを分けるというのも、多数のドメインが必要になり現実的とは思えません。

なにかいい対処法はありますでしょうか。
ご提案をいただければ助かります。

(4)CSV追加読み込みの場合の記述について

マニュアルページを見ても判然としなかったので、お尋ねします。

CSVで複数サイトのデータを読み込ませたあとでさらに別サイトのデータを複数追加したい場合、CSVには追加する
サイトのデータをのみ記述すればいいのでしょうか。
それとも、あらためて全サイトのデータを記述して読み込ませる必要があるのでしょうか。

(5)修正用雛形テーマの複数適用について

前述のように複数の切り口でサイトを量産する場合は、切り口ごとに修正用雛形テーマを複数作成して任意のページに
適用していく、といった使い方もあると思います。
この場合、複数の修正用雛形テーマを使い分けるには「Custom Field Bulk Editor」の一覧画面で適用したい修正用雛形
テーマと適用させたいサイト群にチェックを入れて「dslc_code」入力して変更すればいいのでしょうか。

以上、マニュアルだけでは把握しきれない部分が多く、作業が滞ってしまいました。
質問が多くご面倒をおかけしますが、ご回答をお願いします。

「Ver2 E003「同一ページ量産の設定」の使い方について」への7件の返信

一部訂正します。
使い分け部分の項目番号や並び順に誤りがありましたので、下のように読み替えてください。

(a)項目1(車名)+項目4(アクション)
(b)項目2(メーカー名)+項目4(アクション)
(c)項目3(車種)+項目4(アクション)
(d)項目1(車名)+項目4(アクション)+項目5(都道府県名)
(e)項目2(メーカー名)+項目4(アクション)+項目5(都道府県名)
(f)項目3(車種)+項目4(アクション)+項目5(都道府県名)

質問をもう一点追加します。

(6)【Title】【Keyword】の統一化部分のカスタム項目の表示について

【Title】【Keyword】の統一化部分でカスタム項目をプルダウンメニューから指定できますが、
カスタム項目をフルに5つ登録してもなぜかこのプルダウンに項目1~項目4までしか表示されず
項目5が選べません。
これはなんらかのバグでしょうか。

大変お世話になっております。
株式会社トータルネットぷらんにぐサポートチームです。
上記質問内容ですが、まとめて回答致します。

(1)及び(6)カスタム項目5に関しては、説明文など比較的長い文章を入れる事を想定して作成しておりましたので、Title及びKeywordの一括変更には対応しておりません。

2)カスタム項目4つの間に文字を入れるという事ですが、システムとテーマ側での対応は難しくなってくるかと思います。CSV→エクセル化した上で「タイトル」「キーワード」「ディスクリプション」という3列を追加。エクセルの関数を利用してインポートさせるというのが現状ですと最も現実的かと思います。

3)3つの切り口を拝見させていただきました所、複数の切り口を1つのサイトにまとめた場合、パターン数が増えすぎてWordPres側にも負荷がかかりすぎ現実的ではありません。

例えば、車名(100)×メーカー名(7)×都道府県名(50)×車種(10)×アクション(3)としてもパターン数があまりにも増えてしまい共用レンタルサーバーでは処理がしきれないレベルになってきてしまいます。

その為、単純化の為にサブドメイン(無料ですので)などをサーバー側で作成して

① syamei.abc.com
② tiiki.abc.com
③ syamei-tiiki.abc.com

など3ドメイン・3データベース・3WordPressでの運用をオススメ致します。

4)追加読み込み時の記述ですが、追加の場合は追加するサイトのCSVデータのみ読み込んで頂ければ問題ありません。

5)切り口ごとに修正したテーマ(複数)を修正する事を前提としますと、tomoep1さんがおっしゃっている通り、適用させたいサイト群にチェックを入れて「dslc_code」を入力。右側にエクスポートしたコードを適用させる事により実現可能です。
カテゴリ分けなどをしておくと、カテゴリごとに表示させる事が出来るので少し便利になるかもしれませんね。

以上、ご理解いただけない部分などなどありましたら
再度ご相談頂けますと幸いです。

お返事いただき、ありがとうございます。
もう少し確認させてください。

(1)及び(6)のカスタム項目5に関しては、これも一括変更に対応していただきたいです。
あと、そもそもカスタム項目1~5には文字数の制限はあるのでしょうか。
あるのであれば、その制限(上限)数を変更する方法もお教え下さい。

(2)では、“カスタム項目呼び出し部分の前後の入力欄は、何も入力しなくても問題はありませんか?”
という質問にもお答えください。
アドバイスいただいた方法を実施するうえでも、知っておきたいです。

(3)の3サブドメイン・3データベース・3WordPressでの運用といった形態をとる場合、
すでに1ドメインで作成した雛形ページ、カスタマイズしたCSS等のデータを別のサブ
ドメインにも流用したい場合は、何を持って行けばいいのでしょうか。
その手段・方法も含めて、ご案内をお願いします。

お世話になっております。
株式会社トータルネットぷらんにぐサポートチームです。
ご確認下さいましてありがとうございます。
以下、回答させて頂ければと思います。

1)文字数制限等は特に設けてはおりません。カスタム項目5の一括変更への追加ですが、テンプレートの仕様上サーバーへの負荷が大きくなりすぎてしまう事からこれ以上増やす事は行えません。

2)こちらに関しては前後に何も入力しなくても問題ありませんが、キーワードに関しては最後尾に文字列の最後にカンマ無しで何らかのキーワードを入れられる事をオススメ致します。

3)カスタマイズしたテーマ、及びCSSを連携させるのは少し難しいのですが一度出来上がってしまったパターンがあるようでしたらプラグインによるサーバーデータ及びデータベースの引っ越しが最適かと思います。
http://tontotakumi.com/web-seisaku/wordpress/duplicator/

また、独自でカスタマイズをされた部分などに関しましては
サポート対象外となってしまいますのでご容赦の程よろしくお願い申し上げます。

ふたたびお返事ありがとうございました。

(3)に関して、データベースの“引っ越し”とお書きですが、これは複製ということでしょうか。
3サブドメイン・3データベース・3WordPressでの運用というのはサブドメインを切って
同一ドメイン内にWordPressを3つ設置することかと思いますが、この場合それぞれに
既存のデータベースを複製して利用する、という意味でしょうか。

それから、追加であと2点お尋ねします。

(7)CSV内での“ブランク”の利用可能化

たとえば【Keywords】でカスタム項目1~4をフルに割り当てると、現状ではCSVに
常時4つのキーワードを入力する必要があるかと思います。
ただ、PPCなどではキーワード2個・3個で出稿することもありますので、LPの方でも
合わせこんでキーワードの数を2個、3個と柔軟に設定したいところです。

たとえば、CSV上で“ここはブランクにする”といった設定はできないものでしょうか。
(BL)と入れたら空欄として認識される、など。

もし対応できないのであれば、たいして工数がかかることではないはずなので、早急に
カスタマイズしていただきたいです。
これが可能になると「同一ページ量産の設定」の柔軟性が改善されますので、ぜひご対応を
お願いします。

(8)ひな型ページの公開状態について

ひな型ページを元にしてページの量産をする場合、元にするひな型ページは公開されている
必要がありますか?
それとも、下書きのような非公開の状態でも構いませんでしょうか。

なにしろひな型につきあまり公開していたくないので、非公開でもひな型として使用できれば
助かります。

お世話になっております。
株式会社トータルネットぷらんにんぐサポートチームです。
上記の件、順番にお答え致します。

(3)その通りです。1つのベースとなるテーマなどが出来た段階で、他2つに既存のデータベース及びデータ(WPデータごと)複製して利用するといった意味合いになります。

(7)LPによっては、2個のキーワードもあれば3個のキーワード(メタキワード)
が必要になる場合もあるという解釈でよろしかったでしょうか。

その場合は、CSV側で空欄状態でインポートを行って頂けますと

カスタム項目が空欄=無いと認識して表示さないページと
カスタム項目が有り=有ると認識して表示されるページの

2パターンが出来上がるかと思います。
これに関しては弊社でも実際に検証を行った部分ではございませんので
一度、お試し頂ければと思います。

同一ページの量産に関しては
1ジャンル-1ドメイン-1WordPressで利用する事を前提に作成された機能ですので
ご理解をいただけますと幸いです。

(8)ひな型ページの公開ですが、出来れば一度公開を行った上ですぐに非公開状態に戻して頂くのがベストかと思います。

以上、同一ページの量産まで行える段階まで進んで頂いてるユーザー様が
なかなか少なくお手間を取らせてしまう部分があるかと存じますが
引き続きよろしくお願い致します。

コメントを残す